Calender

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

w closet×JUGEM

-

今年初

今日は久しぶりにカフェに寄りました。
今年初のかき氷(風な飲み物)。
ホントは違うのを飲む予定だったんですが
店員さんに勧められ(笑)
かなりお腹も冷えそうな勢いです。

  • 2005.07.15 Friday
  • 16:54

★店主日記

社会生活

保険証を作るのに市役所に行ったんですが
手続きしようと思ったら、前に勤めていた会社が
退職してから半月以上も経っているのに
まだ私の保険を抜いてなかった(-_-)
いい加減にも程がある。
退職してるからその会社の保険証も使えないし
会社が手続きをしてないから、新しい保険証も作れない。
結局何とか確認とってもらって作ってきたけど
かなり時間がかかった〜。
係の人はいい人で、「お時間かかってすみません」と言っていた。
いや、その人は全く悪くない。私の元の勤め先が悪い。
本当にその会社辞めてよかったとつくづく思った。
でも今月もう一回その会社に行かないといけなくて
かなり憂鬱な気持ち(>_<)
  • 2005.06.14 Tuesday
  • 21:22

-

髪を切った

さっき髪を切った。
突然思い立って、自分で切った。
何年もずっと伸ばしていたロングの髪を
ばっさりショートにしてみた。
軽くなってすっきりした。
適当に切ったわりには、まあまあ(たぶん)。
適当に切ったので、毛先はバラバラだし
ピョコピョコ跳ねてるが、それはまあ、愛嬌ってことで。
いいんだ自分の髪だから。
不揃いなのがまたいい。
  • 2005.06.13 Monday
  • 19:08

-

通り雨

先日、公園に行った時通り雨に遭いました。
長い事通っていた公園でしたが
雨降りの公園を見たのは初めてでした。
藤棚の下のベンチで雨宿りをしながら
噴水池に降り注ぐ銀色の雨を眺めました。
雨がやんで蒼い空が見えると、
何事もなかったかのように池の水は穏やかになっていました。

私達は、強がっていても心の中に常に不安を飼っている。
心の中に常に狂気を飼っている。
心の中に常に孤独を飼っている。
だから惹かれあい、支え合う。

お互い少し休みが必要ですね。
私も自分のペースで生きたい。
世界のスピードに合わせようと努力すればするほど
歯車が狂っていきます。
でも林さん、言ってくれないと私は分からない。
考えている時は「考えている」と教えてください。
私はそれだけで満足なんです。
人同士は、言葉じゃないと伝わらない事もあります。
先日、ある男が言っていました。
林さんと私はとても似ているそうです(笑)
でも同じ人物ではないから、やっぱり言葉は必要ですよね(^^)
  • 2005.06.09 Thursday
  • 22:39

-

スピード

私はやはり役に立たないのだろうか。
誰よりも役に立てると思っていたが、
スピードを求められる世界で生きるのは辛い。
一日も、一時間も、一分も、一秒も、
待ってくれない世界なのだろう。
3時間の無言は、否定形にとらえられ、
1日の無言は、拒否として扱われる。
私は相談は大好きだ。私は頼られるのは大好きだ。
しかし私はスピードが苦手だ。しかし私は期限が苦手だ。
ゆっくり考えたい。じっくり結論を出したい。
そしてその人にとって最良な答えを出したい、
ただそれだけなのだ。

今の世界のスピードを持つために、
出直してこよう。
  • 2005.06.07 Tuesday
  • 08:30

-

人生について

「繰り返す人生は要らない」と叫ぶ私は
単なるわがままなのだろうか。
「思い通りにいってたまるか」
私は叫ぶ。
思い通りにいかないように
運命に逆らえるように
生きる日々。
『あの日』が来ないかと、
目が覚めたら天井に裸電球がないかと、
怖れながら眠る日々。

香林、
この世で思い通りにいかないことなんて・・・
・・・ないよな。
いや、あるのかもしれないなぁ。

最近悪い夢ばかり見る。
疲れているみたいだ。
仕事が一段落したら、
お互いにゆっくり休養することにしよう。

人もまばらな橋の上のベンチで
いつまでも川音を聞いている林より

  • 2005.06.06 Monday
  • 10:00

-

恋について

恋はいらないと呟く僕は
ただのひとりよがりだろうか。
返事の来ない手紙を書き続ける日々。
来ない手紙を待ち続ける日々。
心の置き場を迷い続ける日々。
林さん、この世で思い通りになる事なんて
一体いくつあるんでしょうか?
  • 2005.06.04 Saturday
  • 17:32

-

揺るぎない事実

それでも朝が来ると太陽が昇り
夕方には日が沈み
夜には月が顔を出す。
今のところ揺るぎないその事実は
何度繰り返しても変わることなく
私達の心を救ってくれると思いませんか?
きっと壁を越えた後も
何事もなかったかのように
朝が来ると太陽が昇り
夕方には日が沈み
夜には月が顔を出すのでしょう。
揺るぎないその事実の下で
それでもその事実を
私達は新鮮に、神聖に感じるのでしょう。
ありふれた、特別な空を
いつか一緒に見ましょう。
  • 2005.06.03 Friday
  • 10:53