Calender

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

w closet×JUGEM

★店主日記

宮沢賢治を巡る花巻旅日記【2】

花巻駅からバスで宮沢賢治童話村へ。

今回の旅の最大目的のライトアップです。

期間限定で、金土日のみライトアップとのことだったので

どうしても行きたかったこのイベント!

 

森の中に­を踏み入れていくと、

不思議なオブジェがぽつりぽつりと佇んでいます。

偏光フィルターを使用しているらしく、光に透かした感じが

また素敵でした。晴れててよかった!

 

これがライトアップされるかと思うとたまりません。

 

池のほとりにもオブジェ。奥に十字架があります。

カメラ性能的にここが限界…。水に映った南十字星。

十字架から逆側。水の中に佇んでいます。

 

そして広場の中央にある大きなどんぐり。

見上げるほどの大きさです。美しい!

偏光フィルターが光を反射してきれいです。

 

これが夜はどうなるのか、ドキドキわくわく。

期間中は夕方から童話村内に地元のお店の屋台が出ていて腹ごしらえ。

 

そしていよいよライトアップ。

はあ!最高か!

まさに幻想の世界です!

もう本当行ってよかった!これが見たかった!

模様が浮かび上がってまた違った雰囲気。

 

先ほどの池のほとり。昼は青かった十字架は、夜はより神聖な感じに。

きっとジョバンニとカンパネルラが見た景色。ハレルヤハレルヤ。

水に反射して、より一層幻想的な雰囲気です。

 

そして大きなどんぐり。中にミラーボールがいくつもあって

それが回って反射して、きらきらきらきら輝いていました。

本当、美しい。ずっと見てられます。

森や広場の真っ暗な中に、そこだけ浮かび上がって見えるので

不思議な世界です。

昼も夜もどちらも美しかったです。

なんか夢の中の世界にいるようでした。

 

そして夜の新花巻駅の銀河鉄道のオブジェ。

いちいち花巻最高。

 

宮沢賢治の物語をイメージしたマスキングテープ買ってきたので

こちらは梱包にひっそり使います(*^_^*)

 

花巻遠かったけど、本当素敵なところで良い旅になりました。

きっと賢治の生きていた頃はもっと暗闇が深くて、月も星もきれいに見えて

美しい山や緑に囲まれていたんだろうなあ。

賢治の見えないものを見る力に、感受性と想像力のすさまじさを感じました。

賢治の物語に出会えて幸せです。

 

以上花巻旅日記でした(^^ゞ

  • 2017.09.16 Saturday
  • 00:01

Comment
Send Comment